小林亜弥香 《布の石(青)》 ピアス

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
装うアート01-36
装うアート37-75
見たかった展覧会101-139
見たかった展覧会140-178
見たかった展覧会179-208
絶対銘柄の素描01-29
絶対銘柄の素描30-56
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
話題の画集・作品集
坂口國男 油彩画作品集
HOME 最新号より一覧 装うアート37-75一覧 商品詳細
買物カゴを見る
小林亜弥香 《布の石(青)》 ピアス

撮影:安達康介


「石なのに軽いという面白さも味わっていただけたら嬉しいです」と作家
商品名: 小林亜弥香 《布の石(青)》 ピアス
商品番号: 20060043
販売価格:

\20,000

消費税: \2,000 外税
規格: 2.3×1.8×1.6cm/2.4×1.5×1.3cm/リング径3cm 化学繊維、金箔、SV925

商品詳細
友禅染めで生み出す
宙にとけるような透明感

「ジュエリー」から通常連想される重さ、硬さ。小林亜弥香の場合は、いわばそれらと対極の"ソフトジュエリー"である。素材や技術を起点としてジュエリーに至るのは日本の作家に顕著な傾向だが、小林もまた友禅染を基盤に制作を展開してきた。特に拘るのは「生地の選択」。染色作家にとって生地は、表現を成立させるための重要な要素であり、小林の場合はオーガンジーという透ける生地が決定的なカギを握る。
 友禅ならではの染模様による淡い色彩は、植物などから想を得た形態に伴う生地の重なりによってロマンティックな濃淡を生み、あたかも色と形が宙に溶けていくような軽やかさを生む。小林の透明感あるソフトジュエリーを纏う人々は自らの心を解放し、湧き上がるようなときめきと、他者への一層の優しさを得るに違いない。
(外舘和子/多摩美術大学教授)


1986年兵庫県生まれ。2011年京都市立芸術大学大学院修了。13年金沢卯辰山工芸工房修了。12年日本ジュエリーアート展審査員(コシノヒロコ)賞、14年同展奨励賞、17年京都デザイン賞大賞、18年日本ジュエリーアート展優秀賞など受賞多数。個展、グループ展多数



この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2020年6月10日(水)を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 装うアート37-75一覧 商品詳細
買物カゴを見る