池山晃広 《holey holye》 ブローチ

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
装うアート01-36
装うアート37-75
見たかった展覧会101-139
見たかった展覧会140-178
見たかった展覧会179-208
絶対銘柄の素描01-29
絶対銘柄の素描30-56
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
話題の画集・作品集
坂口國男 油彩画作品集
HOME 最新号より一覧 装うアート37-75一覧 商品詳細
買物カゴを見る
池山晃広 《holey holye》 ブローチ

商品名: 池山晃広 《holey holye》 ブローチ
商品番号: 20060054
販売価格:

\150,000

消費税: \15,000 外税
規格: 11×5×4cm 鹿角

商品詳細
生き物たちとの繋がりは、
宝石よりも価値があると伝えたい

 池山晃広は、2014年の「Schmuck」でヘルベルト・ホフマン賞を受賞して以来、国際的に注目を集める若手作家だ。その制作の素材となるのは、鹿や牛の角などだ。
 モチーフの質感や表情に呼応しながらディテールを加えられた作品は、それを形づくるものの根源、「生命」の神秘というべきものを観る者に感じさせる。太古のアニミズムに通じるような制作、その礎には家業の酪農をはじめとする自然との豊かな交感の原体験があるという。
「父の仕事の関係で小さい頃から牛などと触れ合い、自然の中で遊び育ちました。ミュンヘンの大学で自分の作品を探求する中で、本当に作品テーマにしたい事は幼少から触れ合ってきた生き物達だと思い至り、地元で家族と酪農をしながら作品を作ることを決め今日があります」
 日々、さまざまな生命と接し、その生と死を近くに感じるからこその制作。その根底には、自然と人間が共存への願いが根差している。
「私にとっては高価な宝石よりも、生き物達と人との繋がりの方がはるかに価値ある輝きを放っているように感じます。そのことを表現し、伝えたいと思い、ジュエリーを制作しています」      
(編集部)


1984年鳥取県生まれ。2008年ヒコ・みづのジュエリーカレッジジュエリー研究院コース卒業後、ミュンヘン美術院でオットー・クンツリ氏に師事。13年同美術院卒業。14年Schmuckヘルベルト・ホフマン賞受賞。国内外での個展、グループ展、アートフェア出品多数。


この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2020年6月10日(水)を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 装うアート37-75一覧 商品詳細
買物カゴを見る