下小野田夏子 《doxa(happy)》 ネックレス

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
装うアート01-36
装うアート37-75
見たかった展覧会101-139
見たかった展覧会140-178
見たかった展覧会179-208
絶対銘柄の素描01-29
絶対銘柄の素描30-56
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
話題の画集・作品集
坂口國男 油彩画作品集
HOME 最新号より一覧 装うアート37-75一覧 商品詳細
買物カゴを見る
下小野田夏子 《doxa(happy)》 ネックレス

商品名: 下小野田夏子 《doxa(happy)》 ネックレス
商品番号: 20060067
販売価格:

\64,000

消費税: \6,400 外税
規格: 6.1×5.7×12.3cm(本体) アクリル板、アルミニウム

商品詳細
SNS時代にこそ考えたい
ひとつの言葉の多様な意味

 近年、有望なジュエリーアーティストを続々輩出する神戸芸術工科大学。その最新世代の中でも、「文字」をテーマにした作品で強い個性を放つのが下小野田夏子だ。
「『文字』は記録、伝達の媒体であり、見る人に意味を明確に伝えます。この記号にしかない性質を活かし、ジュエリーとして表現しています」
 ひとつの言葉を成す文字を、金属板やアクリル板などから切り抜き、いろいろな角度で並べたり、何層にも重ねたりする。それによって表現されるのは、人が言葉に対して抱く「思い込み」だという。
「ひとつの言葉をさまざまな角度からじっくり見ることで、表層的な意味とは違うメッセージが見えてきます。その違いを可視化し、作品が身に着けた人の一部となることで、他者との関わりの在り様も顕著に表せるのではないかと考えています」
 SNSなどが生活に根差した現代、言葉のもつ多面性が及ぼす影響は非常に大きい。下小野田作品はまさにそんな時代の申し子といえるのではないだろうか。    
(編集部)


1996年鹿児島県生まれ。現在、神戸芸術工科大学大学院在籍。2019年伊丹国際クラフト展ジュエリー奨励賞(光陽社賞)。


この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2020年6月10日(水)を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 装うアート37-75一覧 商品詳細
買物カゴを見る