永島信也 《馬頭》 根付

*
*
*
*
*
*
*
*
商品検索
最新号より
装うアート01-36
装うアート37-75
見たかった展覧会101-139
見たかった展覧会140-178
見たかった展覧会179-208
絶対銘柄の素描01-29
絶対銘柄の素描30-56
人気作品と連載の作品
HANGA 明日の星たち
ロングセラーのマルチプル
川口喜久雄のシルエット工場
久保裕子の石文鎮
復刻浮世絵
広重「魚づくし」 全20点
広重「花と雨の絵」 全22点
広重「雪の絵」 全20点
広重「月の絵」 全20点
話題の画集・作品集
坂口國男 油彩画作品集
HOME 最新号より一覧 装うアート37-75一覧 商品詳細
買物カゴを見る
永島信也 《馬頭》 根付





《馬頭》の裏面。イメージの源になっているのはタツノオトシゴ(海馬)
商品名: 永島信也 《馬頭》 根付
商品番号: 20060075
販売価格:

\257,000

消費税: \25,700 外税
規格: 4.9×4.5×2cm 鹿角、琥珀

商品詳細
根付6×3.8×3.4cm/提物18×10×3cm 洋黄楊、ガラス、岩絵具/アフリカの泥染め布、樹脂、ビーズ、鈴、絹紐(プロデュース:守亜/制作:佐藤製作所)
(提物付)

「根付」最新世代に、
いま再び"用"の波


 根付は、江戸時代に生まれた男性の装飾品である。煙管や巾着、印籠などの紐の先に付け、帯に括り付ける留め具が極小の細密彫刻へとシフトしてきた。
 江戸の男たちはそれを、縁起物のお守りや魔除けとして肌身につけた。同時にそれは、粋やこだわりをチラ見せするダンディなファッションアイテムとして自らを飾るものでもあり、不特定多数の人々とのコミュニケーションを誘発・活性化する装置ともなった。
 実は日本人が着物と帯を失った近代以降、根付は「身に着ける」から「眺める」装飾と化してきていた。だが今、根付界に急激な"実用に返れ"のニューウェーブが押し寄せつつある。
 アニメやマンガ、フィギュアなどのサブカルチャーにおける造形を取り込む永島信也がよく使う黄楊には、アニミズムに連なる神性と女性の優しい肌合いの両方を表現する上での親和性がある。最近の永島は、"美少女"を自身の生地出雲の神々や祭祀にシンクロさせた表裏二つの表情を持つ依代とし、それを身に着けたときのフォルムや実用的なおさまりの良さを丹念に追求している。
「仏教で地獄の亡者を責め苛む獄卒・牛頭馬頭を、海の生物でモンスター風に表現したものです。木材という落ち着いた風合いの素材に、少しポップな表現を落とし込んでいくのも狙いとしてあります。表裏でがらりと姿が変わるところにご注目ください(永島)」
(添田達人/美術ライター)


1986年島根県生まれ。2010年京都造形芸術大学卒業。同年より毎年個展開催。14年「美少女の美術史」(青森県立美術館ほか)、16〜17年「再発見! ニッポンの立体」(群馬県立館林美術館ほか)などのグループ展参加やアートフェアへの出品多数。


この作品は美術誌「月刊美術」との連動企画です。作品の応募は2020年6月10日(水)を締め切りとしてご応募を受け付け、応募多数の場合は抽選いたします。
締切日を過ぎても作品についてのお問合せは承りますが、販売不可の場合や価格が変動することもあります。

注文数を入力し、「買い物カゴに入れる」をクリックして下さい。
注文数
このページの先頭へ
HOME 最新号より一覧 装うアート37-75一覧 商品詳細
買物カゴを見る